増加の一途を辿っているインバウンド観光客の方々も、最近は爆買いなどの買い物は一服させ、コト消費と呼ばれる体験型消費を増やしつつあります。


実際観光庁が2019年3月に発行したレポート「体験型観光コンテンツ市場の概観」でも、体験型消費は今後大きな伸びが期待できると強調されています。

 

 
 
例えば、先進各国では体験型消費の比率が12%あるのに、日本では3.3%しかありません。

具体的な数字で見ると、訪日外国人観光客
が 2017 年は 2869 万人で、その出費が全体で4.4兆円、そのうち体験型消費が3.3%の1439 億円でした。

2020 年に政府が目標とする 4000 万人に到達したとして、総出費のうち 12%が体験型消費となると 7320 億円となります。

つまり、17 年比で見ると約 5 倍の成長、約5900億円の消費拡大が期待できるため、注力した方が良いという訳です。

そのため、各種の施設でもこれを取り込み、活用されない手はありません。逆に、活用していないと見劣りしてしまう危険性があります。

例えば、近隣の旅館Aでは体験型の消費もできて楽しみも多いが、旅館Bにはそれがないとなれば、そこで差がついてしまう可能性が高くなります。


とはいえ、料理や茶道の体験、その他各種のイベントを実施されるとすれば、一定額の設備投資も必要になります。さらに常にどなたかに先生をお願いし続けるとなると人件費の負担も大変です。

そこで、オススメしたいのが「UNIKEN・遊仁剣」です。


 


右上から、

8.5㎝×17㎝のUNIKENを利用した手裏剣、

11.5㎝×23㎝のUNIKENを利用した手裏剣、

裏面のイメージ(掲載されているのは11.5㎝×23㎝)


下段に移動して右から

20㎝×40㎝のUNIKENを利用した手裏剣、

15㎝×30㎝のUNIKENを利用した手裏剣、



※左端はサイズ感を分かりやすくするための定規


これは、折紙の手裏剣ですが、大まかに言って以下の5つの特長があります。

1.完成時に画像が完成し「絵」になる

2.お客様ごとにデザインをカスタマイズ可能

3.通常の折紙は一辺15cmだが、このunikenは最大で40cm

4.作成上の手間と販売時のフェースを減らすため一辺は半分に。

5.外国人にも伝わりやすい名前

6.作り方から遊び方まで英語の動画とマニュアルを用意

 

「uniken・遊仁剣」導入時の観光客の方のメリット


この「uniken・遊仁剣」を導入された場合の訪日観光客の方々のメリットをまとめると

1.作成とゲームの2度の体験を楽しめる。
2.大きいサイズもあるため作成を楽しみやすい
3.作成の動画とマニュアルもあるため分かりやすい
4.インスタネタにしやすいため、友人にアピールしやすくなる


といった点があります。
以下順番に説明しますと。


1.作成とゲームの2度の体験を楽しめる。


 通常何かの体験型消費を利用する場合、1つしかできません。茶道体験なども訪日観光客の方にとっては日常触れることのない得がたい体験となるのは間違いありません。しかし、その1種類だけと言えばその1種類だけです。

 その点、unikenをご利用の場合には、折紙を作る楽しみと、それを使ってゲームを遊べる楽しさがあります。



 まず折紙を作ることに関して言うと、上記の観光庁の調査のアンケートでは訪日客の18%がハンドメイドに関心があるとしています。

 またアメリカのアマゾンの書籍のカテゴリにも「origami」があるほどですので折紙自体が世界的に認知されてきていることが分かります。

忍者についての興味関心の高さについては言うまでもありません。


 それらもあってかYouTubeで折紙の手裏剣を作成する動画の再生回数を合計すると、主なもの15個だけで9000万回を超えます。

 参考までに国内トップアーティストの桑田佳祐さんの公式チャンネルの動画再生回数の合計が約1.4億回で、松任谷由美さんで約2700万回ですので、海外でどれだけ関心を持たれているかご理解頂けるのではないでしょうか。


 

 しかもこのunikenは作りやすいように折り線も描かれていますし、何より完成時に画像ができあがります。ただの折紙と比べて完成時の楽しみが増します。


 パズルが完成した時に達成感や喜びをお感じになる方は少なくないように思われます。

これに加えて、「uniken・遊仁剣」なら忍者のゲームもできます。日本人の方なら折紙の手裏剣を使った遊びはいろいろご存じかと思いますが、海外の方は必ずしもそうではありません。


 そのため、遊び方も動画でご紹介しています。その分楽しんで頂けるようになっております。


2.大きいサイズもあるため作成を楽しみやすい


 日本人は器用と言われることが多いようですが、これは逆に訪日観光客の方は不器用である可能性が低くないと考えることもできます。
 特に忍者が好きな欧米系の方々は、もともと体が大きい分手も大きくなります。そのため、一般的なサイズの15㎝四方の小さい折紙を折るのに四苦八苦される可能性が高くなります。


 またアメリカなど、国によっては大きいものの方が素晴らしいという価値観である場合もあるようです。


 それで、私どもでは長辺が17㎝のものから、23㎝、30㎝、40㎝のものをご用意しております。


3.作成の動画とマニュアルもあるため分かりやすい


 上記の通り、”Origami” はかなり認知度を上げて来ていますし、動画の再生回数もかなり多くなっています。とはいえ、訪日客の全員が全員知っているということはありえません。

 そのため、作成法をまとめたYouTube動画とA4のマニュアルを用意しました。


 さらに、和製英語という言葉もありますが、外国人に伝わらない「英語」では意味がありませんので、ネイティブの方のチェックも受けております。



4.インスタネタにしやすいため、友人にアピールしやすくなる


 完成した時に画像ができあがり「絵」になる訳ですが、これは各旅館やホテルごとに完全にオリジナルのものをカスタマイズしてご提供し、そこでしか売っていないものをご提供して頂けるようになります。


 しかも、自分で作ったものについては愛着が湧きやすくなる「イケア効果」も生まれます。


 結果として、行った先でしか売っていないものを作り上げてアピールしたくなる格好の材料となるため、インスタで自慢できるものとなります。




 観光客の方々に上記のようなメリットがあることなどの結果として、宿泊施設の経営者様にも以下のようなメリットがあります

 

UNIKEN・遊仁剣導入の施設様側のメリット


もし施設様が「uniken・遊仁剣」を導入して頂きますと…


1.体験もできる施設として魅力向上

2.設備導入のコストはほぼゼロ

3.先生の手配も不要

4.触れ合いを求める方の満足度も向上


などのメリットがあります。


1.体験もできる施設として魅力向上


この点は上述のとおりですが、特にご自身が海外に旅行された場合のことをイメージして頂くとよりご理解頂けるのではないかと思います。

たとえば、どこか旅行先にホテルが2つ並んでいたとして、一方にはビリヤード場なりスポーツ施設があるが、一方にはないとなれば、宿泊費用に大きな差がなければ前者を利用されるのではないでしょうか。

2.設備導入のコストはほぼゼロ


次に、体験消費の提供に際しては設備導入が必要になることが少なくありません。


茶道なら専用の和室が必要でしょうし、それ以外のものでもいろいろ必要となるというのはすぐにご理解頂けるのではないでしょうか。

しかし、この「uniken・遊仁剣」を使われる場合は新たな設備はほぼ必要ありませんし、設置工事も不要です。

ただし、UNIKENを利用して射的のようなゲームができるようにされたり、室内でPointGameを楽しむための的となるプラスチックケースなどもご用意頂いたりして頂ければ、より楽しんで頂けるようになるのは間違いありません。



3.先生の手配も不要


この点についても、作成方法が簡単なためほとんどの日本人の方なら教えられるものとなります。


常に先生役となる方を手配し続ける必要があればそちらの人件費が馬鹿になりませんが、既存の従業員の方にタイミングを見て実施してもらうということなら人件費負担も増えません。



4.触れ合いを求める方の満足度も向上


この点については意外に思われるかもしれませんが、現地の方と話すことを楽しみにしている外国人観光客は少なくありません。

そして教える過程でもいろいろ話したりできますし、UNIKENに記載されている写真の素材についても話せます。

Web上には出て来ないような穴場情報をお伝えするだけもかなり喜んでもらえますので、穴場スポットの写真をデザインにして頂くというのも可能です。




これらのようなメリットがある訳ですが、商品としての特長も改めて整理しますと...

Uniken・遊仁剣の特長


1.完成時に画像が完成し「絵」になる

2.お客様ごとにデザインをカスタマイズ可能で親近感を持ってもらいやすい

3.通常の折紙は一辺15cmだが、このunikenは一辺が最大で40cmのため、不器用だったり、大きいものが好きだったりする外国人にも好かれやすい。

4.作成上の手間と販売時のフェースを減らすため、一辺の幅を半分に

5.外国人にも伝わりやすい名前

6.作り方から遊び方まで英語の動画とマニュアルを用意


1.完成時に画像ができるため「絵」になる


 普通に組み上げても完成すればそれはそれで嬉しいものですが、そこでもし画像ができあがればパズルを完成させるようなもので楽しみが倍増します。


2.オリジナルデザインにできるため、親近感を持ってもらいやすい。


 次いで2つめの特長は、ご希望の画像などをご提供頂ければ、よそでは販売していないオリジナルデザインにして頂けるということです。有料ではありますが、使いたい写真などございましたら、そちらを利用して御社だけのデザインのUnikenをお作り致します。


 お近くの名所などを盛り込まれるのも一つですし、女将さん方の子供のころに写真などを利用して頂くのも良いかもしれません。

 訪日客の中には人との触れ合いを求めて来る方も少なくありませんが、女将さんの写真、特に親近感を持たれやすい子供時代のお写真を利用されれば、より親しみを感じてもらいやすくなります。


 また、名所だけでなく、地域の方しか知らない穴場などもオススメではあります。旅慣れた方はむしろそのような情報の方がお好きといったことも少なくありません。


 これらによって、コミュニケーションをとって頂く機会にもしやすくなりますし、親近感を持ってもらえたり、見どころが多いと感じてもらえれば、後々のリピートにつなげやすくなるのではないでしょうか

3.一辺の大きさが最大で40㎝


 一般的な折紙のサイズは一辺が15㎝です。

 しかし、折紙に慣れていない訪日外国人の方々にとって小さい紙だと折りづらくなる可能性もあります。

 また、これは特にアメリカ人などに見られる傾向ですが、大きいものを求める方も少なくないようです。

 そのため、手裏剣に特化した Uniken はサイズを拡大し、最も大きいもので一辺が40㎝あります。これは手裏剣として組み上げると20㎝を超えるため、一辺が15㎝の折紙を利用したものの3倍近い大きさとなります。

 これであれば、より非日常感を楽しんで頂けるようになるのではないでしょうか。


 

4.作成上の手間と販売時のフェースを減らすため、一辺の幅を半分に


 上述の通り、より楽しんで頂けるように、一辺40㎝のものなど大きいサイズの折紙をご用意しております。

 ただ一方で、大きくしただけだと売場に置かれる際に非常に邪魔となりがちです。

 また
オーソドックスな折り方だと前半に細かい折り方もあったりしますし、それをしない場合でも折紙を半裁する方法もあります。



 それで、折紙のムダを減らしつつ、組み立てる2つのパーツを最初から分けるように致しました。それによって、商品の幅、つまり店頭でのフェースを半分となるようにしております。

 また、細かい折る手間や半裁する手間もなくなりました。

 これで、展示して頂ける場所の自由度も上がり、売って頂きやすいようになるのではないかと考えております。


 

5.外国人にも伝わりやすいネーミング


 海外でもまだマニア向けという形ではありますが、折紙は徐々に普及してきたため、 ”origami” が英単語として定着してきました。忍者ブームやマンガの「Naruto」の人気などもあって、手裏剣も同じく "shuriken" として定着してきています。

 そのため、 "origami shuriken" のネーミングで一定程度は認知される可能性はあります。

 しかし、これだけでは端的にオリジナル性などの特長を名前から類推させるのは難しくなります。また、日本のものだからといって、そのまま漢字だけを使っていては訪日外国人の方には意味が伝わりにくくなります。

 それで、「1つの」という意味の接頭辞をつけつつ、手裏剣と韻を踏めている ”Uniken” という商品名と致しました。

 同時に異国情緒のある漢字が好きな方もいらっしゃいますので、 "Uniken" の名前に「遊仁剣」という漢字もあてました。

 手裏剣づくりとゲームを楽しんで頂けて、リピートして頂けるようにという思いを込めて、遊ぶ御仁の手裏剣という意味となるようにしています。

 

6.手裏剣作成法と、後で楽しめるゲームも英語でご提案する動画もご用意


 折紙で手裏剣を作成し、出来上がった時に何らかの図案が出てくるのは楽しい経験となります。それに加えて、折紙の手裏剣の場合、折鶴などと違って簡単な対戦やゲームも行えます。

 とはいえ、訪日外国人の方はそこまでご存じないことが多いですし、かといってそれを全て英語で説明・案内して頂くのも楽ではありません。

 それで、弊社で手裏剣を使ったゲームを2種類英語でご提案する動画を作成しました。

こちらは文章作成にも慣れたネイティブの方にチェックして頂いておりますので、「実は通じない英文」ということにはなりません。安心してご活用頂ければと存じます。

 ちなみに、その動画は以下のものとなります。

 


・ロット数における特長


 最後に、商品の特長ではありませんが、ロット数でも特長を持たせております。


 一般的にオーダーで折紙のような商品をご注文頂く場合には、1ロット数百個からのお申込が必要になることが多いですし、場合によっては数千個単位でないとご注文頂けない場合もございます。


 しかし、私どもではご負担を可能な限り減らして頂くために、手裏剣12個分のセットを100セットからお申込み頂けるようにしております。

 


ご利用のご注意点


 「Uniken・遊仁剣」にはこのような特長やメリットがありますので、御社の来客数や顧客単価、来館頻度を向上させて頂けます。

 ただし、
誠に申し訳ないことではございますが、事業者様間での重複をなくすため、建造物などについて全く同じアングルのものは承りかねます。


 他方で重複をなくす必要があるとはいえ、1社様で北斎の富嶽三十六景の半分を使われるということになると、他の事業者様の利益を著しく害します。

 そのため、パブリックドメインの浮世絵などは1社様につき1つまでとさせて頂きます。


 予めご了承くださいませ。

 

 とはいえ、先に申し込んで頂いた方から、ご希望は承ります。近隣の方が最高のアングルの写真を先に利用される前に利用開始されるのをお勧め致します。
 

商品一覧


 なお、上記の通りご提供の1ロット数は100セットとさせて頂いております。したがって以下の商品価格は全て、1ダース12個分のUnikenが入っているセットが100セットの価格となります。


 またお支払につきましては、デザインをオーダーメイドで承る関係上、先払いをお願い致しております。何とぞご理解賜りますよう宜しくお願い致します。
 

40㎝×20㎝のUniken・遊仁剣

 

完成サイズが縦横20.5㎝。
対角線で測ると22.8㎝。

1ロット12個分100セットで79800円。

30㎝×15㎝のUniken・遊仁剣


完成サイズが縦横15.1㎝。
対角線で測ると16.7㎝。

1ロット12個分100セットで49800円。

23㎝×11.5㎝のUniken・遊仁剣


完成サイズは縦横で11.4㎝。
対角線で測ると12.8㎝

1ロット12個分100セットで34800円。

17㎝×8.5㎝のUniken・遊仁剣


完成サイズが縦横9.1㎝。
対角線で測ると10.0㎝。

1ロット12個分100セットで24800円。


デザイン

 

 ご希望の写真やイラストをUnikenに反映させるためのデザイン料は以下の通りとなります。

 1種類     4980円

 2種類同時   8980円 (追加分4000円)

 3種類同時 12480円 (追加分3500円)

 4種類同時 15480円 (追加分3000円)

 5種類同時 17980円 (追加分2500円)

 6種類同時 19980円 (追加分2000円)


 流れと致しましては、ご注文を頂いて代金をお支払頂いた後、素材となる写真やイラストをお送り頂きます。それから弊社で仮デザインを作成し、PDFでお送り致します。そちらで宜しければ印刷に入ります。

 もしご満足いただけない場合には、修正を行わせて頂きます。その修正したものを再度PDFでお送りしてご確認頂けるようにしております。

 

 

 ご注意頂きたい点と致しましては、メインとなる素材が写真の縁ギリギリまである場合には、全てUnikenのデザインに納められない可能性が高いということです。


 

 例えば、この写真は清水寺を下ってきたところで、法観寺の五重塔(八坂の塔)が見える有名スポットです。下に下って行く参道や五重塔などを綺麗にフレームに収めようとすると、このような写真になったりします。


 

 これはこれで良いのですが、UNIKENに入れる場合には周りを切り落とす必要がありますので、メインの被写体も盛り込めなくなる可能性があります。


 こちらの写真でも五重塔の上の部分も切除せざるをえず、結果としてよく分からないものとなってしまいました。

 

 

 
 この点この銀閣寺の場合はメインの被写体の周りが広くなっているため、綺麗にUNIKENに入れることが可能になっています。

 誠に申し訳ないことではございますが、このように周囲に余裕がある写真や画像をご利用頂きますようにお願い致します。

 

 

 最後に、写真やイラストについて第三者の著作権に関わるものをご提供頂いてもこちらで全てを確認することはできません。著作権違反となる場合は一切責任を負えませんので、ご自身で撮影もしくは作成されたものをご提供頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

 




ご挨拶


 訪日外国人の来訪理由を見てみると、意外に日本文化は関心を持たれておらず低順位にあります。

 もちろん日本文化に関係なくいろいろ楽しんで頂ければ、それはそれで問題ないことではあります。

 しかしせっかくお越し頂くのでしたら多少でもご関心を持って頂けるようになった方が良いでしょうし、関心を持って頂くことによって次の訪問(=リピート)につながりやすくなるのも間違いありません。


 それで弊社では、比較的関心を持たれやすくて、日本文化の間口を広くできる折紙の手裏剣を活用して、訪問のリピートにつながるようにして参りたいと考えております。

 

Jun Baba

Company information

  
株式会社アルトエイジ
 

Address


横浜市保土ヶ谷区星川1-24-38

 

Tel: 045-550-3212